古本買取を上手に利用しよう

例えば引越しをする時や、部屋の片付けなどをしている時、必ずと言っていいほど出てくるのが、もう読まない本です。そのまま処分してしまうことも多いかと思いますが、その前に是非おすすめしたいのが古本買取です。ここ十数年で、チェーンの古書店があちこちに出来、古本を売ることへの敷居も大分低くなりました。古本を持ち込みすると、その場ですぐに査定、現金支払いをしてくれ、店によっては古本を購入するのに使用出来る割引券やポイントなどがもらえるところもあります。また、売りたい本が大量の場合は家まで引き取りに来てくれるサービスや、宅配便での送付を受け付けてくれる店もあります。その場合の支払は振込になることもありますが、自分で持ち込まなくてもいいだけで随分気楽に古本買取を利用できるのではないでしょうか。しかし、そういった古書店では安く買い叩かれるのではないかというイメージを持つ人も多いはずです。


確かにシステム化されたチェーンの書店では、機械的に値段が付けられることが多いので、場合によっては買取価格が安く感じられることもあるでしょう。ただし、新刊本や、人気のシリーズ、状態のいいものは査定金額も高いですから、早い内に売ることを心がければ、そう安く買い取られることもありませんし、システム化の利点として、買取価格の内訳がはっきりしているので、余計に気を揉むこともありません。査定価格が気に入らなければ、別の古書店に持ち込めばいいだけの話ですし、初版本やサイン本など価値の有りそうな本は別に専門古書店に持ち込むという選択肢もあります。最近ではコミックスや趣味性の高い本を取り扱っている古書店も増えているし、雑誌やコンビニ版のコミック、店によってはCDやDVD、ゲームソフトや玩具なども買い取ってもらえるので、いざ売ることを決めた際には色々調べてみてもいいでしょう。迷ったものでも聞いてみたら買い取ってもらえたということも多いですから気軽に査定してもらいましょう。本来なら、捨ててしまってもそれまでの古本ですが、古本買取を利用すれば、お金も手に入るし、紙という資源も無駄にならずに済み、何よりその本を読みたいと思う人が定価で買うよりも安く手に入れることができるので、エコの観点からも古本買取は是非利用してみたいシステムです。


たとえ一冊からでも、手放したい本があるのなら処分を考える前に古書買取を検討してみてもいいのではないでしょうか。

Blog Home