古本買取の査定ならネットで

古本買取は、現在では個人で経営しているお店より、チェーン店やインターネットから利用できるところが増えました。本を売る前に気になるのが、売りに出そうと思っている本がいくらで売れるかです。そんな人のために、あらかじめ買取価格を査定できるサービスがあります。チェーン店であれば、店員に聞けば教えてくれるところもありますが、わざわざ足を運ぶのが面倒ですし、店員に聞くのが億劫であるという人もいるでしょう。そういった人のためにインターネットから査定のサービスを提供しているところがあります。これはチェーン店、インターネット専門の買取店に関わらずあるサービスで、その提供サイトへ行き、その本の情報を入力し、送信すれば買取価格を教えてくれます。利用方法はそのサイトによって微妙に異なっている場合もあります。サイト内にガイドがあるので、それを読んだ上で利用しましょう。


一般的には名前やメールアドレスが必要なところが多いです。査定に出し、数時間、もしくは数日後に査定結果をメールでお知らせしてくれます。今流行りの作品などは査定に出すまでもなく買取価格がわかることもあります。またその本のドラマ化、アニメ化、映画化などが決まっていると、公開前に買取価格が上がるところもあります。他には安定して売上の良い作家、古本で在庫がよく切れる本などは店頭や、サイトのトップページなどで高く買い取ることを主張していることもあります。お店やサイトによって買取価格は違うことがあるので、いろいろなところに査定に出すと、より高く売れるところを見つけることができます。完結した漫画の場合は、すべて揃っていると高く買い取ってくれる場合があります。その他、古本買取はそのお店やサイト独自のやり方で買い取っている場合もあるので、サービス形態を把握することも大事な場合があります。よくある古本買取サービスでは、まとめて数十冊、数百冊売ることで、その本の新しさ問わずボーナスとして価格がアップする、といったサービスがあります。そういったサービスですと、古くて、本来は低価格でしか買い取ってもらえない本でも高く売れます。


また本には付属品が付いている場合があります。カードや音声データの入ったものなどは、それが重要である場合もあるので、ちゃんと付与した状態で売りに行きましょう。少なくとも査定に出した際の買取価格は、その付属品が付いていることが前提となっています。古本買取の際には注意しておきましょう。

Blog Home