良いか悪いかわからない本買取

本買取が良いことなのか、悪いことなのか、私にはよくわかりません。私は本屋さんをよく利用します。本買取サービスを利用して本を売ることも、本を買うことも、どちらもしますし、特に悪いことだと思ったことはありませんでした。しかし、本買取に関して、作家さんたちの立場から、印税の問題などで良くないのではないか、という記事を読んだことがあり、その時から購入した新本を本屋さんに売ったり買ったりすることが良いことなのか、よくわからなくなってしまいました。作家さんたちが仰っていることもよく分かります。出版された本は著者さんのものです。印税は、世に出した作品に対する対価なのですから、作家さんがそれを主張するのは当然の権利ですし、作家さんに関わりのないところで売買されてしまう本買取はそういった意味で作家さんたちにとって不合理なことなのだと思います。


そう考えると本買取というサービスはいけないことのように思います。しかし、私は本売買を悪いことだとはどうしても思えないのです。それは、本屋さんでは、絶版になってしまった本も手に入る可能性があるからです。読みたいと思った本が、読みたいと思った時には絶版になっている、というのは意外とよくあることです。その本が新刊として出版された当時にはその作家さんを知らなかった、知っていたけれど学生だったなど、経済的な理由で手に入れることができなかった、出版部数が限定されていて地方では手に入らなかった、などです。図書館でも全ての出版物を取り扱っているわけではありませんし、存在を知っていて、どれだけ読みたいと願っても読めない本は存在するのです。そんな読者の読みたいという希望を叶えてくれる可能性があるのが、本屋さんです。新刊で手に入るものならば手に入れたい、でもそれは叶わない本が手に入る可能性があるのです。それをしてはいけないと言われてしまうと、純粋に本が好きで本を読みたいと願う人たちの思いはどうしたら良いのでしょうか。私は本を買う経済的な余裕ができたときには手に入れることができなかった本がたくさんあり、それらを本屋さんで購入してきました。


そして昔の私のように本を読みたくても新刊で買う余裕のない学生が、気軽にほしい本を手に入れられるよう、本買取のサービスも利用しています。本は、新刊よりも安価に購入できるという意味で、本の世界に触れるきっかけになると思っています。問題は色々とあるでしょう。しかし、作家さんや作品をたくさんの人に知ってもらい、好きになってもらえる入口として、本買取のサービスは良いサービスなのではないかな、とも思うのです。

弊社は車検実績100万台を達成し、安くて分かり易い価格で、最短45分の速さで車検を進め、笑顔と丁寧な対応をし、快適に過ごして頂けるお店です。 故障が少なくなれば、車の維持費を抑えることが出来ます。 車検切れ、でも時間がない方へ。速太郎なら最短45分で車検を完了。 全国で最大級の車検対応実績があります。 車を長持ちさせるために安全な検査基準を設けております。 軽自動車も「車検の速太郎」までお任せください。

Blog Home